歌詞のようなブログ

MENU

過ぎた夢

0

■過ぎた夢

先輩の部屋に寄ったついでに
週に何度かかよってくれる
あのひとがわらうと片エクボが
妙にイロっぽかったりしたね

物干し場から 眺めてた
いつも曇ってたような空
僕らの時代そのもので

こんな僕にも良くしてくれた
あのひと先輩の彼女だけれど
ほんのり寄せた想いもまた
過ぎた夢 過ぎた夢

苦学生なんて言うとなんだか
面映ゆい気持ちがするけれど
当人たちは至ってのんきで
激論たたかわせたりしたよ

貧しいことが豊かさを
いつも教えてくれてたから
僕ら逆に恵まれてた

今は卒業までの2年で
未来を決めると言うが違うよね
知り合う奴友と呼んだ
ひとりずつ また消える

あのひとに想いを告げた時
言われた あなたが嫌いなんじゃなく
今は先輩が好きよと
過ぎた夢 過ぎた夢



hqdefault_2017061016365161b.jpg

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。