歌詞のようなブログ

MENU

あの日にレイアップ・シュート

0

■あの日にレイアップ・シュート

僕がシュートした球(たま)は そう
なんとかリングで持ちこたえて
決まった

小雨まじりのあの日のまま
あのゴールネットが今でも
ゆれてる

いつまでもつづけていたかった
最後の試合 はりつめてる
ストリートボール 3on3

誰よりも目立つことが大事だった
僕らのフリースタイルは
独自のパフォーマンスで近所じゃ
ちょっと知れた存在だったんだよ

フィッシュ・ボーンに髪を編んだ
当時の僕の彼女は
ちょっと自慢げに 僕をみていた

いつからか思い出している 
昔のこと懐かしむなんて
歳だね

いつも反体制側にいた
でも変わらざるを得ない自分
知るのさ

大事なのは主義・主張唱え
ただ反対するだけじゃなく
より多くの意見を聞くことだ

手にふれられるものだけを信じてる
僕らはどんな敗北も
星のように飾ってこれたかな
どんな苦境もベルトより輝くか

フィッシュ・ボーンに髪を編んだ
当時の僕の彼女は
今は遠い日の サムネイルの中

いつまでもつづけていたかった
最後の試合 はりつめてる
ストリートボール 3on3

誰よりも目立つことが大事だった
僕らのフリースタイルは
独自のパフォーマンスで近所じゃ
ちょっと知れた存在だったんだよ

フィッシュ・ボーンに髪を編んだ
当時の僕の彼女は
ちょっと自慢げに 僕をみていた




3on3-FreeStyle-gif.gif


SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。