歌詞のようなブログ

MENU

白萩

0

■白萩

遠くのすそ野がながれだし
なんだか今が遠のくようです
降りつづく秋雨に こぼれる
白萩をそっと見つめています

最後に失くしたものが
たったひとつだけ
本物だったと知るような愛

白毫寺 あなたがいなければ
ここにはおそらくは来なかったでしょう

もう終わっちゃったひとね 私って
そうね でもね まだすこし頑張らせて
あなたからのさよなら なごやかに受け入れています

今思えば恥ずかしくなる
正しさばかり求めていました
知らなかったことをいいことに
あなたに迷惑かけてましたね

愛したいという想い
それだけでいつも
あなたを愛しているつもりでした

白毫寺 こうなる前にもう
私は私から去っていたのです

もう終わっちゃったひとね 2人って
生きることは さよならしつづけるよう
ふたりの終わり以外 日常は何も変わらない


f1_10_by_yatzer_minas_earth_moon_photo_by_fabrizio_annibali月




SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。