歌詞のようなブログ

MENU

きみが撮っていたもの

0

■きみが撮っていたもの

風景を撮ってるのかと思ってた
海岸を撮ってるのかと思ってた
一緒にどこか旅行行ったときや
遊びに行ったとき うっすらと気配

きみはスマホで何かを撮ってた
いつも撮っていた 
きみは写真をみせるわけでもなく 

きみと別れてから ほどなくして 
きみから郵便物が届いた
手紙にはたいしたこと何も書いてないから それ以外のところを読んでねと
表書きに書いてあったが 
意味がわからなかった

仕事が一段落したある午後に
きみからの郵便を開けてみたよ
中にはファイルケースが3つと
手紙の便せんが 入っていたんだ

ファイルケースの写真のすべてが
僕の背中ばかり
つきあってから順にならべてあった

「あなたの背中が私はとても 
好きでした。 その大好きな背中
ずっと支えてあげられなくてごめんなさいね」そう便せんには綴られてあり
自然消滅した恋を今
僕は思い出している

僕の背中を愛おしむようなそういう気持ちで
僕とつきあってくれてたのか
今頃知るなんて
僕もバカだな



8f310e9f86b93cabba70abc1454839bf_20170615111456108.jpg


SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。