歌詞のようなブログ

MENU

退(ひ)く日

0

■退(ひ)く日

はりつめた会場は 
落胆のため息で 
しばらく時がとまっていた

もつれあう試合の 
ゴール直前で 
ぼくはタックルにつぶされた

ゲームが終わり 軽く 一礼したあとで 
傷だらけのメットをぶらさげた

その日を最後に チームの廃部もきまっていた 

誰もがやがて 退(ひ)く日を迎える
声援も何もなく それでも
ひとり誇らしく胸を張るぼくを
きみだけはなぜかわかってくれる気がした

社会人でも そう 
好きなことがやれたし 
会社に残れるか微妙でも

これしかないことを 
つきつめてこれたから 
ぼくは負けでもいいとおもう

ぼくたちの代で部が 途切れることはなにかの 
引き合わせだとかんじてる

これからもぼくは 目立たぬ場所で走りつづけるよ

誰もがやがて 退く日を迎える
常軌を逸していい ひとつの
ことにすべてを懸けてる姿を
見せたかったから きみを今日誘ってみた



majO8VC.gif






















SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。