歌詞のようなブログ

MENU

パリに愛されていた

0

■パリに愛されていた

遮二無二(しゃにむに)奪う その抱きかた 
横暴な口のききかたさえ
むしろきらいになれない理由    
ひとときも油断させない彼

そんな彼が嗜(たしな)みをおぼえ
うでをあげて すっかり
ただのいいおとこになりさがる

いろんな想いが胸を過(よ)ぎり 
あらん限り浴びせ倒し
彼を責めて 泣いたわ Ah 何かが終わる

聞いて あれは 渦巻く太陽の狂気

わるで生意気で ものもしらない男  だから手を貸した
あの頃ふたり パリに愛されていた たっぷりと

あなたは好きにただ生きなさい
反逆者らしく自惚れてなさい
まともになれば死んだとおなじ
反骨はそれゆえうつくしい

鏡の中 彼はいつも
アイライン引いてる
あたしのしぐさをなぜかわらった

買ってあげたばかりのシャツを 
ビリビリに引き裂いた
そんな彼を許して Ah また買ってあげた

あたし きっと 気休めに生かされてきた

日盛り 夏の日 ふたりは 季節を脱いだのよ
あの頃ふたり パリに愛されていた ふんだんに

ろくすっぽ口もきかずに 
ラタンの椅子で彼はクスリで死んでた
せめてわたしを奪いつくしたと云って
指をこぼれた砂だとしても

誰にでも笑顔振りまく おとこはただ株を下げる

いろんな想いが胸を過(よ)ぎり 
あらん限り浴びせ倒し
彼を責めて 泣いたわ Ah 何かが終わる

聞いて あれは 渦巻く太陽の狂気

わるで生意気で ものもしらない男  だから手を貸した
あの頃ふたり パリに愛されていた  たっぷりと


20017668_1414227388614372_8821512861669817043_o_20170812134729a99.jpg

19956260_1414227115281066_1325621362946109583_o.jpg





SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。