歌詞のようなブログ

MENU

ペインティング・スー

0

■ペインティング・スー

俺は精肉店で働いている
朝から晩まで肉を切り刻む
血の匂いがこびりついて離れない
俺はイスラムを信仰している

この店の常客だったスーはブロンド 
しかもとびきりの美人 しかし愛嬌ひとつない
この界隈じゃちょっと 名の知れた売れっこ

きっかけは忘れたが 彼女とつきあっていた
彼女に伝えた愛の言葉を忘れないように
墨(すみ)を入れるようになった 
彼女とのすべてを忘れないようにするように
俺の全身の肌は呼吸する絵になった

スーは俺をなじることをやめなかった
1から10まで悪態をついた
俺を殴っては冷やかに見くだした
スーはことごとく俺を踏みにじった

力尽きそうな獣は最後の
ちから振り絞って 骨がくだけるほど噛むよ
飛び散った生臭さ 水道で洗った

贖罪の代わりに 祈りの言葉を刻んだ
そう 敵対するしかなかった彼女をそれでも愛し
痛みとひきかえにひとつ また墨を入れる
彼女は俺の肌でアートになり生きてる

生きるってたぶん悶絶する絵なのさ
ある条件を満たせば
人間(ひと)だって ただの肉の塊(かたまり)に過ぎない

俺は精肉店で働いている
朝から晩まで肉を切り刻む
冷凍庫には高級な肉たちと
スーも凍ってぶらさがっている



ea4e260310fab36c411cc3206812a454 ペイント





SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。