歌詞のようなブログ

MENU

Jasmine

0

■Jasmine

涙のビーズスカートの裾に
縫いつけてるような娘だったよ
失恋した日ガトーショコラの
包みだいて坂道横切った

矯正してる前歯でぎこちなく
その日も小首かしげるしぐさ
ぼくに微笑んでおじぎしたけど
内心きっと泣いてたんだね

きみの憧れは永遠の幸せか
永遠はいつもつかの間なのに
舗道におちた きみの手帖だけがめくれてく 
Jasmine Jasmine 何を求め何を信じたの
問いかけてもただ風が吹くだけ
 
ぼくは造船所に勤めている
でも船がどこに行くか知らない
そんなふうにすべてはまわってく
世界の行き先 誰も知らない

スクリーンショットでSNSにあげた
きみとの会話を見たらみんなが
恋人みたい そう云って冷やかしたっけ
喪に服したい 家族はいないと云ってたから
Jasmine Jasmine 綺麗なまま 若さ無駄にした
罰当たりさ ただ空が青いよ

この世を去ったって
誰かがキャプチャーしてる
いなくてもいいそんな存在なんてないよ 

きみの憧れは永遠の幸せか
永遠はいつもつかの間なのに
舗道におちた きみの手帖だけがめくれてく 
Jasmine Jasmine 何を求め何を信じたの
問いかけてもただ風が吹くだけ



b816d6b5a08d72521b6d7c3931838f73--edita-vilkeviciute-vogue-china ジャスミン

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。