歌詞のようなブログ

MENU

砂の男

0

■砂の男

白スーツでちょっとめかしこんだ
俺のエナメル靴がめりこむ

お前のしろい肌 崩れ落ちて 
何も見えない そこから砂漠

手のひらお前の髪 さらさら逃げる 
まぶしすぎる世界で
眉をひそめている

二人は一枚の絵を愛でるように
愛し合ったり 転げあったり 踊りあったり

We Have No Sense To Say Good-Bye
ふとしたはずみでお前と
二人絵の中に入っていった

チャ・チャ・チャ

あれから白い夜 鴎の城
見知らぬ男の黒い靴まぎれる

お前は肩すくめ 気にも留めず
言った ジェラシーはアクセントと

気が遠くなるほどに 胸はかわき
二人砂漠に吸われ
ほんの口喧嘩で

二人は一枚の絵をやぶくように
恨みあったり 誹(そし)りあったり 咎(とが)めあったり

We Have No Sense To Say Good-Bye
見知らぬ男の靴とお前の
靴が絵から出た ついさっき

俺は砂の男 ついに動けない
さびれた画廊(がろう)の奥の
一枚の絵の中

熱い砂ほど指をこぼれる
ほんの今さえ蜃気楼



5cF6xD1b5WHo_201712181846222fa.gif



SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。