歌詞のようなブログ

MENU

Ice Rose

0

■Ice Rose

サファイアの吐息をとじこめて
思い出を凍らせている

さりげなく フラれてくれたのね
あれ以来恋などしない

最後の有休使って 電車に揺られた
あの日壊れた二人 笑ってた

氷の胸の花びら 一枚剥(は)いで
紅茶に浮かべ あなたを想う わたしは Ice Rose

今は特定のひとも持たず
こだわりもなく生きている

画像アプリで加工するたび
アカウントの顔も変わる

いつだって会えると云って 気さくにわかれた
テキトーな日々がもう 嘘になる

あそんでる午後の陽に 幾重もの 瞼かさねる
わたし 零下で 眠る花の 姿よ Ice Rose



tumblr_n717b25N4i1s21mdyo1_500-iloveimg-cropped (2)




SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。