歌詞のようなブログ

MENU

垂(しず)り雪

0

■垂(しず)り雪

この世界はひとつである必要はない
きみの生き方 僕の生き方
たくさんの枝が重なり合い
世界という森をなす

僕はあえて 君を見送りに行かないと決めた
枝先から垂(しず)り雪 
雪が何か 僕の代わりに話してくれてる
この木々のすぐ向う

駅のホームで カートを引いて
君はふるさとに帰る電車を待つ

君からの着信を取らずにいた
別れは無言がいい 

この世界はひとつである必要ではない
たくさんの色 たくさんのひと
一瞬触れあって離れても
夢の数だけ森がある

一緒に そう 悩んで朝まで話した
夢見てた仲間たちも
みんな消えた 夢はカタチを変え終わらないと
誰が信じるだろう

僕は変わらず ここに残って
もう少しだけ頑張ってみるからね

もう電車が君をさらってく時刻
悲しくない理由(わけ)などない

この世界はひとつであるべきじゃない
分かりあえないこともあるけど
雪おとし しなるような木の枝
豊かであれ ひとも森

この世界はひとつである必要はない
きみの生き方 僕の生き方
たくさんの枝が重なり合い
世界という森をなす

この世界はひとつである必要ではない
たくさんの色 たくさんのひと
一瞬ふれあって離れても
夢の数だけ森がある



イヌコ ezgif-3-76b1760b94

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。