歌詞のようなブログ

MENU

角打ち

0

■角打ち

言いたいこと君にあって
こうして君と会ってても
なぜか話を逸らすんです
どうしても言えないんです

伝えなくても伝わると
どこかで そう ねがってても
君との隔たりがいいね
べつにひとり相撲でいいよ

意味もない 理由(わけ)などない
そんな気持ちがあってもいいじゃないか
生きてくことに 根拠なんてものあるもんか
熱燗ぬるめでと 今日も角打ち

夜は吊るした蚊帳の中
煙草吸うたび灯る火が
ホタルの光かざるようでも
どうして僕らは蚊帳の外

足したり引いたり出来ぬのが
男と女と言うけれど
現実(このよ)は しらふの大トラで
うまくいかぬよう出来ている

へべれけに なりはしない
杯に月で満たし飲んだ昔
どんな今でも 価値があると信じていたい
一対一で飲む そんな角打ち

思いがけぬ時に 拾われる
捨てるほどある
味な出来事 まだあるさ

意味もない 理由(わけ)などない
そんな気持ちがあってもいいじゃないか
生きてくことに 根拠なんてものあるもんか
熱燗ぬるめでと 今日も角打ち



つのL1143071s 角打ち

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。