歌詞のようなブログ

MENU

夜を渡る響き

0

■夜を渡る響き

夜を渡る響きを
聞いていた
私たちを哀しく
させないものはなかった

それは今も聞える
夜明け前
凍る噴水に見とれて
冬のさむさを わすれても

なぜ愛したか なぜ別れたか 
わからないけど それでいい

若さは残酷ね 美しいからよ 
心置いていったひとを 懐かしむ
夜を渡る響きに

夜を渡る響きに
つながれてた
どんな毒でも甘い
くすりのように痺れた

さらに綺麗な花を
咲かせるため
この蕾を摘みなさい
あなたにそう 云ったのよ

諦めてるわ あなたの中で
私とうに 終わってる

通じない電話に 半分ホっとして
また新しいさびしさを 慈しむ
夜を渡る響きに



25re5t-iloveimg-cropped.gif



SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。