歌詞のようなブログ

MENU

虹いろのさかな

0

■虹いろのさかな

此処まで来い 誰かがおれを呼ぶ声がする
眺めてるだけの人生には飽きただろうと
かかって来い おまえは誰だとそいつは言う
叶えるためだけに夢は在るわけではない

いつかおまえは一匹のさかなになるだろう
自分の身ひとつで漕ぎ出せと誰かが言う

力尽きるまで  力尽きるまで
涸れたひとの流れをさかのぼる
ボロボロに鱗(うろこ)も剥がれ 
血に染まったような
そいつが虹いろのさかなだよ 

おれの胸の中の大海が暴れている 
波から波が生まれるように 誰かが
おれに想いを吹き込む 旅に出よと

投げうつがいい 自分を捨てて海に出かけろ
幾たびかの悔恨が巨大なうねりになる
誰もがみな 自分の荒海と闘ってる
呑み込もうとする巨大なちからに泡となっても

されどおまえは一匹のさかなとして泳ぐ
溺れながら泣きながら行けとそいつは呼ぶ

這い上がりながら 這い上がりながら
痛みさえ忘れるほど必死で
ボロボロに鱗も剥がれ
だけど目は生きてる
そいつが虹いろのさかなだよ

おれの胸の中で今何かが起きている
波がナイフを研いでるように 誰かが
おれを焚きつけているよ 時を昇れと

力尽きるまで  力尽きるまで
涸れたひとの流れをさかのぼる
ボロボロに鱗(うろこ)も剥がれ 
血に染まったような
そいつが虹いろのさかなだよ



FriendlyHollowCony-max-1mb.gif

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。