FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

聴かせてしまおう

0

■聴かせてしまおう

やがて朝陽がたちのぼる 
まっしろい 袖を振るように
かもめたち 急降下して
何度も海に堕ちるよに 飛ぶ 

古い時計の中に住んでいる 
おまえをこの手であたためてやりたい

聴かせてしまおう もう聴かせてしまおう
海とも山ともつかない 気持ちだが
おまえの目の前にいる男がいる
俺という男に気づいてくれないか

思い出がおまえをさらう
決して語らない過去たちが
そのよこがお きれいに見せる
冷たい宝石なら捨てよう

よく聞こえなかったと おまえは言う
うなじを頑なにして俺を見てる

聴かせてしまおう もう聴かせてしまおう
もう守るべきものはない 孤独など
おまえを鎧(よろ)うものなど俺に捨てろよ
波が洗う気持ちを聴かせてしまおう



vernicos3-e1438153925821.jpg





SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。