歌詞のようなブログ

MENU

春はさやめきの中に過ぎてゆき

0

■春はさやめきの中に過ぎてゆき

いつからいつから僕たちは
会えなくなってたのだろう
好きだったあんな気持ちに

アクセルつよく踏みしめてる
磨きたてのボンネットに
はね雲が滑っていくだけ

ひとりにさせてよ そう言って切れた電話
きみの声がくりかえすよ
ただきみが綺麗で 愛(かな)しんでしまう

何かを何かを私たち
守ってこれたんだろうか
何かを信じてこれたの

わかってるよ 離れてゆくものを
引き留めるほどに 
もうふたりは美しくない

ふたつの稜線が うねるよに 並んでる
横たわる龍のように
春の嵐がほら たてがみ奮わせる

こんなに悲しい想いさえ
春はさやめきにかえて
僕たちを過ぎてゆくよ

ファスト・コーヒー店の袋 
窓にちぎれ飛んでゆく
もういい いつ変わったの

リューズなんて巻かない
ふたりの時計に愛はもどらない

いつからいつから僕たちは
会えなくなってたのだろう
好きだったあんな気持ちに

何かを何かを私たち
守ってこれたたんだろうか
何かを信じてこれたの



cea5de72cf5928eaa0f95bd96d1ed6c7.jpg

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。