FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

テントウ虫とIndian Summer

0

■テントウ虫とIndian Summer

ファーゴ 秋風のバスが
彼のことをさらっていったの
落ち葉のうずが追いかけた

朽ちた 木株にすわったら
さびしげなバブーシュのつま先
自撮りしたらどんな顔してる

卒業したらどうするの ふたり   
会えなくなる未来をおそれてた

Indian Summer 秋枯れの中に
美しいコインがいくつもかさなるような陽ざし
Indian Summer テントウ虫がふと
飛び立つように 彼と さよならと云わないさよならした

くちびる すぼめてみている
冬への手紙に切手を貼り
ポストに投函したい日

わけもなく無口になる やがて
こんな日がくるとふたり知ってた

Indian Summer 水面が光編む
何か云おうとしても次の言葉がでないまま
Indian Summer あおぞらに消えたよ
彼と過ごした ほんの ついさっきも遠いことのようね



277nu9-iloveimg-cropped.gif

テントウ虫c33c2c567b957b58c8e5be07e309e109 インディアン

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。