歌詞のようなブログ

MENU

ストライプの雨

0

■ストライプの雨

道着姿のままであの頃
二人でよく海を見て
たたずんでいたものさ

あれから何年経ったろうか
浅き春 この砂浜で
先輩はくちをひらいた

結婚するんだ よろこんでくれよ
顔をほころばせて
先輩は写真を見せる

紋切り型のお祝いを言ったっきり 俺は
身じろぎひとつしない

ああ なぜだろう やたら雨がしみる 
矢のように 降りそそぐストライプの雨

なにを先輩にかさねてたの
その女(ひと)に 思い出までも
奪われるような気がした

ひどいよ ひどいよと言いかけて
僕たちの青い蝶が
飛んでいったのを知った

招待するから 披露宴に来い
終始しあわせそうに
先輩は俺を誘うよ

なんだかわからないもやもやのせいで ついに
俺は泣き出してた

ああ さかさまな 想い空に投げる
なにがかなしくて このストライプの雨

あおざめたくちびるで
たばこをまわしのみした
ぎこちない沈黙が貼り付くよ 

結婚するんだ よろこんでくれよ
顔をほころばせて
先輩は写真を見せる

紋切り型のお祝いを言ったっきり 俺は
身じろぎひとつしない

ああ なぜだろう やたら雨がしみる 
矢のように 降りそそぐストライプの雨




tumblr_nkc2gp1rq21smjk7ro1_500.gif






SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。