歌詞のようなブログ

MENU

僕の恋は馬の背を分ける

0

■僕の恋は馬の背を分ける

ふれてゆく 探ってゆく
僕の胸にもまだ こんな切なさがあったなんて 
きみだけに 目覚めてゆく
属性不明な心細げな想いがこみあげてくんだよ

目の前のものは気づきにくい
見ようとしなければ見えない

傷つけあうのが 人間の特技だとしてもだ
言えなかった ダメだなんて ことはどこにもない

きみと自然にいようと思うたび
その不自然さに気づくよ
もっときみのなかに
僕がいて欲しいと願う 我が儘だよね 

剥がれてく 綿雲が
夕映えを迎えに 川のむこうへと滑ってく
恥じらうよな むず痒しさ
最初から本物の恋に おちる 本能。習性のまま。

前途多難なんて素敵じゃん
ひるむことなく悩みたい

Hurt 傷つくほどに きみが好き 僕の成分表
雨のように 晴れのように 馬の背を 分けている

僕は堂々と負けを認めたい
この浮力には逆らえない
きみに借りが出来た
いつか返しにいくからね 深呼吸する

ホントの僕が誰かを誰も教えない
100の口実1つの事実
つつみこむその笑顔 そうそれだ
きみだけは教えてくれる 僕の素顔




gif (25)







SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。