FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

フキノトウの詩(うた)

0

■フキノトウの詩(うた)

まさか僕にたべられると思って 
生えてきたわけではないだろうが
春のしらせのような フキノトウを
僕は美味しくいただくのです

その苦味が 今はいいとわかる

便利は不便 自由は不自由 
不満足はありがたい 
そんなこころを拾えたら
青いフキノトウも天ぷらにされて 
よろこんでる気がするよ

フキノトウはフキノトウらしい姿
雪のしたでこっそり見つけたら
しあわせのまえぶれに会えたような
フキノトウはいい面がまえだ

絶不調は しあわせの予兆さ

大人もわらべ 器用も貧乏 
不出来も出来のうちなら
かならず出来ることがある
アンコウの七つ道具のように 
人生には捨てるとこがない




46ce6a0171adae038ef454ea852c9421.jpg



SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。