FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

十月桜

0

■十月桜

どこにでも行ける風は 
さらさらお前の髪
ここだけに咲く花の理由 
お前が教えるようだ

手向ける花なんてないよ
何も何もおもわない
済まなかった それを言いに
ここに来た それだけだ

愛される前に 愛さなきゃと言ったお前
十月桜 残り少ない花びらが
空ゆくように 
お前はいる 確かにいる
俺の中にはこんなにもいる

この世で姿やかたちではなく
在るものが ある
見えるものしか信じなければ
信じるものがなくなるとは思わないか

あの頃やけのやんぱち
道を外れた同士
背なの桜吹雪が
泣いているように生きてた

抱きしめなければ 抱きしめられない 今は
あの娘といっしょにいるか
こんなにちいさくなって
ねむる母娘(ふたり)はしあわせだろう

それでもいつかは このさびしさも薄れるか
十月桜 病んだ女の美しさ
手が届かぬほど
お前はいる お前はいる
俺の中に消えながらいる

触れるものしかわからなければ
大事なものは見えないところにあると
わからないままでいる


0a2a5fff4412c098fce5c963670ed10b.jpg

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。