FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

春はさやめきの中に過ぎてゆき

0

■春はさやめきの中に過ぎてゆき

口笛をかさねながら
ふたりともさよならを
言わなくていい方法
ずっと探しあぐねてた

つなぐ指をほどくよに
互いの指輪を外し
おごそかにおこなう
ふたりなりのセレモニー

泣いてない 泣いてない
好きなままで 
心は出会う 次の二人に

あなたもひとりだった
それはわたしも
運河をゆく ひとはゴンドラね
春はさやめきの中に過ぎてゆき

噴水に虹が立つと
ステンドグラスのようで
愛は意味をかえた
愛は愛のままで

くやしいな この気持ち
すっかり忘れてたのに
かなしみにも時は過ぎて
もうやさしい痛みなの

あの頃に 肩すくめ
風が吹けば
耳のたて琴 そっと鳴るのよ

生きるせつなさにふれると
あなたがうかぶ
とおい想いは 美しい手錠ね
春はさやめきの中に過ぎてゆき

ふたり分愛せるから
わかれもいいわ
さくらんぼを 耳飾りにする
春はさやめきの中に過ぎてゆき

何度でも式を挙げましょう
陽気にTi voglio bene.
さよならで わたしたち
むすばれている



はる






SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。