FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

角打ち

0

■角打ち

男の実は 寂しがり屋でも
おれは飲んでも口を割らない
さっきからきみは笑ってばかり
なにがそんなにおかしいのさ

振りあげた拳(て)を 下ろすに下ろせない
もういいじゃないのときみが言う
世の中そんなんばっかりだから
こんなんばっかで割りがあわない

意味もない 理由(わけ)などない
そんな気持ちがあってもいいじゃないか
言いたいことはきみに吹く風 きみはどこ吹く風
熱燗ぬるめでと 今日も角打ち

夏の夜中は 吊るした蚊帳で
煙草吸うたびポツリ火点る
ホタルの光をいくつもかざる
きみとそんなことをしたいのに

足したり引いたり 出来ないものが
男と女と言うけれども
現実(このよ)は しらふの大トラときてる
うまくいかぬよう出来ている

へべれけに なりはしない
きみと会うと決戦にのぞむようだ
言いたいことがきみにはあって 新酒を用意した
一対一で飲む そんな角打ち

まあいいさ かたい話ぬきにして
酒がしみる 握りつぶしても
捨てるほどあるこの気持ち
僕の瞳に吹いてゆく





つのL1143071s 角打ち

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。