FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

カタツムリに恋したナメクジ

0

■カタツムリに恋したナメクジ

僕の体温計は 僕の熱を表示しない
僕の湿度計は 僕のため息計らない
君は明るい スカートひるがえし
華もあるあこがれの かわいいカタツムリ

人生が徒競走なら みな横並びなのに
僕はスタート時点で足踏みしてる

夏の陽ざしが細くなる頃
アイスフロート片手に
ヤツがきみに急接近してる

運命のカレイドスコープが
幾つもキラキラした想いを映してゆくのを知る

カタツムリに恋したナメクジ
カタツムリに恋したナメクジ
憧れは遠きひびき どうしたい?
僕たちはなんて似て非なるもの  

僕の心拍数は 僕の胸をすでに超えて
僕の上腕筋は つかれをもてあましている
胸の管楽器 一勢に鳴り出す
きみは誰より僕だけに かがやくカタツムリ

ひとことでムリと言われちゃ 僕だって傷つくけど
僕は塩対応で透明になりそうにきみに告れる

僕にないもの君にないもの
それより今あるもの
きみのいない僕の生き方はない

夜空を照らすサザンクロスを
ふたりのペンダントにして砂に埋めよう

カタツムリに恋したナメクジ
カタツムリに恋したナメクジ
いつかは同期したい どうやって?
似て非なるものがいちばん遠い



あんち600x600



SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。