FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

あの悲しみはよかった

0

■あの悲しみはよかった

ひぐらしが人恋しさかき立てて
せわしくなく鳴いていた 
きみと川べりを自転車を押して
一緒に帰ったあの日

進路指導のたびに無口になる
僕たちをつつんでる
斜めの夕日がやけにまぶしくて
なんかあたまに来ていた

卒業したら離ればなれだね
チェーンのまわる音だけして

ふと顔をあげて彼女は言った

あの悲しみはよかった いつかきっとそう思えるよ
思い出になる頃には 二人はよかったとおもえるよ
全身で恋してたから わかれたら胸つぶれるけど
あの悲しみはよかった きっとそう思えるからって

わけもわからず笑ったあとで
急に黙りこくったり
何がなんだかもうわからなかった
あの叫びこそ恋だったのに

隔ててるのは距離ではないんだ 
線引きする心さ
さよならと言われた印象がない
くちびるだけぼやけてた

いくつかの季節通り過ぎても
僕の一部はあの日のまま

どんな過去も僕をつくっている

あの悲しみはよかった 専門学校に行った
きみは制服姿の かおり髪の静止画のまま
僕たちだからよかったと思える 他の誰でもダメだったよ
あの悲しみはよかった 今ではそう実感してる

卒業したら離ればなれだね
チェーンのまわる音だけして

ふと顔をあげて彼女は言った

あの悲しみはよかった いつかきっとそう思えるよ
あんな悲しい気持ちは 後にも先にも二度とないよ
全身で恋してたから わかれたとき胸つぶれたけど
あの悲しみはよかった やっと今になって思えるから

あの悲しみはよかった あゝ よかったんだよ




tumblr_mzryxirvrp1s3mrygo1_500.gif











SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。