FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

スーツにスニーカー

0

■スーツにスニーカー

理科室の人体模型の心臓を
盗みに学校に忍び込んだ
あの成績のいい僕は
今はダース・ベーダーの中のひと

誰にも愛されたことない少年は
ママの麻薬でこっそりラリってた
ティノ・ロッシ教えてくれた
理髪店の伯父さんにあこがれた

たぶんしあわせってね 誰かに抱きしめられた
遠い記憶のぬくもり

今きみに話してると 可笑しいね
何百通りも愛し方あるのに 
たったひとつ きみの愛し方 ぼくは知らずにいる

飴(あめ)色の午後の想いはいくつもの輪 
描いては僕たちゆらす
風のリュージュが草をわけていく季節
それはあたらしい季節のはじまり

僕と老犬とリボンのようなきみが
囲むゆりかごに日はひかり
赤ちゃんの巻き毛をそっと撫ぜていると
日がな1日カルテット聞くよう

この子の親は知らない 僕のゆび握っている
パパはもぐりの中絶医

今きみとこうしてると なつかしい
誤信メール装いきみに送った
苦心の末 つくったトラップメールは 
きみにブロックされたのに
きみのセキュリティ 僕は突破した 
くたびれたスーツにスニーカーで





20200214190449ee7.jpg

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。