FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

送春歌

0

■送春歌

来る日も来る日も オールを漕ぎ
出せない結果に 喘いでいた

何も思わずに ただ心が
一つになることを 願っていた

翠滴る季節 漕艇部(そうていぶ)
僕らはまだ春のはじめ
弓のように 張りつめて
かたくななまでに 川面を滑ってた 

連絡もいつか とどこおりがち
みんなあくせく 働いていた

不義理の言い訳 生活のため
犠牲にしたもの たくさんある

あいつがまたみんなを 呼び寄せた
寄せ書きした色紙も忘れてた
おとなになるな 男になれ
あいつの言葉が 僕らにのこった




※タップして下さい。

20200222223154e6f.gif

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。