FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

あやとりあそび

0

■あやとりあそび

髪梳けば蛇 紅をおとせば
かがみに映るは 般若
女の素顔は 眉もなくして
男とみまごう うすら寒さ

ひとつ ふたつ 絹を落とせば
みっつ よっつ 罪をかさねる

あなたのゆびとわたしのゆび
裏にかえして 表にもどる

糸を取ってるわけじゃない
何になる何になる何にもならない
ひとはなんて儚い糸なの
あそびも哀しや あやとりあそび

三日月の夜に 酒を満たすは
さびしさの線香花火
あなたに似ているひと知ってたら           
赤蛙もはねて そっちに行く

一度 二度と あなたのうでで
泣いて 濡れる 布になります

着物の裾も 寝乱れたまま
夜櫻(さくら)の篝火(かがりび) あなたを照らす

なにもなかった うなずきあう
そう言えたならきっと綺麗でしょうね
男と女はかなしくわらう
切れずにほどけて あやとりあそび




1660fc19075f45a73b43c4c5212ac7ec.jpg


SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。