FC2ブログ

歌詞のようなブログ

MENU

それでも日は昇る

0
■それでも日は昇る あなたは愛をなくしたあとの 身の置きどころのないむなしさに泣いているあなたはもう何もかも終わったとうなだれて膝を抱き肩ゆらし泣いている消えない傷なら 覚えていればいいいつかいとおしくなるからそれでも日は昇る 誰にでも日は昇る  かならず日は昇る なみだにも日は昇るあなたは 一日が 耐え難く 長くて同じように かんじるかもしれない言葉にしたくないものは 言葉にはせずもう何もかんがえず...

SHARE

あの悲しみはよかった

0
■あの悲しみはよかったひぐらしが人恋しさ掻き立ててせわしくなく鳴いていた きみと川べりを自転車を押して一緒に帰ったあの日進路指導のたびに無口になる僕たちをつつんでる斜めの夕日がやけにまぶしくてなんだかあたまに来てた卒業したら離ればなれだねチェーンのまわる音だけしてふと顔をあげて彼女は言ったあの悲しみはよかった いつかきっとそう思えるよ二度とないぐらいあの悲しみに救われる日来る全身で恋してたから わ...

SHARE

平熱の嘘

0
■平熱の嘘あの時君を泣かせてしまったその理由を僕は知ってたけど平然とした顔で誤魔化した痛いところを突かれれていたから君にはきっとバレていたんだね 僕がついついた嘘の温度同じ場所にいたけれどふたりはそれぞれ違う空にもういたね酸っぱいものがこみあげるさよならと違うさよならだね  君よ 平熱の嘘をついたあの僕をいつまでも許して欲しくない君よ 平熱の嘘を憎んでほしいよどんなかたちでも覚えていてあの日の痛み...

SHARE

夕凪

0
■夕凪何気ないゆうぐれがきれいですね偶然にあなたに会えたらいいんですさりげない会話をかさねられたらそれだけで満たされる僕がいるんですもしも出来るものならばあなたに夕凪のようなものを感じることを許してくれますか海は語る 長くさすらうあてない日々を海は語る どこにも帰り着かないものをひととき時間が止まる そんな夕凪にあなたをかさねてはいけませんか思い出のなかのそのひとは今もあなたのなかで僕よりやさしい...

SHARE

だんご虫

0
■だんご虫あかんわ こんな私だれにも見せれない困ったときのタラコくちびるがヤツの手あかんわ あなたのそういう姑息なとこになんだかいいようにまるめこまれるこうして何度も会っても 何目的なのわからなさすぎて私たち 停車中の赤信号 フロントグラスの雨粒はつきささるガーネット私の心に警報中 私の心は失踪中サイドシートでうずくまる あなたはよこがおで笑う だんご虫 だんご虫 もう鎧をかぶって丸くなるちゃいます...

SHARE

このカテゴリーに該当する記事はありません。