FC2ブログ

歌詞のようなブログ(商標登録第6332108)/夏井くわみ「私的オフィシャル」/ FC2

このブログの全記事は「歌詞のようなブログ」という文字列の著作権を有しています。
MENU

僕たちは二度とこない雲

0
■僕たちは二度とこない雲わたしを振る度胸もないの?きみがそう言い放ったとき潮風が凪いでしんとするよこんな想いは一生ない逆さコップの水はこぼれた表面張力ない僕らにはさよならの重力だけだね気まずくて電話スクロール夏のサンダルの熱さ まだ胸にのこるけど降りてくる サンセットの緞帳(どんちょう)なぜだろう 気持ちだけが離れてくOh Daring 僕たちは二度とこない雲さよならの意味を知ってるの?きみは呆れた顔をして...

SHARE

字幕

0
■字幕なにを話しているの わからない声にならずに心が聞こえない泣くでもなく笑うでもなく たださよならという云い方を知らないふたりは終わってない終わってないのに これが最後なの?言いたいことは字幕のなかにある怪訝そうにひとが振り向いてゆく通りをはさんでふたりは電話で叫び合う そんな字幕があふれて 読めないわ2人がこうしているのが 寒すぎる心の亀裂にこそ光は射す瞳(め)の奥のキャンドルが消えるのを見るかな...

SHARE

ピエロ

0
■ピエロ お泣きなさい 笑わなくていいお泣きなさい 泣きたいときはお泣きなさい 理由があるんだろお泣きなさい 正直になっていつかギャグに思えるまで自虐ネタでもペーソスが人生のあじになる僕もいっしょにきみと泣こう 笑える日まで お泣きなさい 泣きやむ日までお泣きなさい 傷ついた時はお泣きなさい がまんしないでお泣きなさい 生きてる証拠(しるし)意思表示が NOでもいい鳥が飛ぶなら僕たちはゆっくり歩いていこうお泣...

SHARE

おぼろ亭

0
■おぼろ亭そのアパートには家族が住んでたカーテンを引いて 息を潜めてた昼間というのにデンキが点いててすき間から目玉が覗く気がした ルリカケスが不吉な声で鳴いた時 空室になってたあの人たちいつ引っ越したのか 知らないあれはもしかしたら ずっと職探ししてた 普通の神さまたち製鉄所の町をさえぎる電線が 風に鳴る風に鳴る なぜだかぼんやり 入った店で箸も割らずに麺がのびる会社に漬かっても 腰巾着はやだね世間より自分...

SHARE

Fazzyな住人

0
■Fuzzyな住人 同居してるマンション どこかに事故物件の部屋があるみたいきみの心のすき間にちらつく僕以外そう何人の男現実に憑依されて ものぐさになる何も話すことないような 僕らときたら何よぶっこめ ぶっこめ 僕の怨念は消えた きみの念は僕を抜けもはや怪奇現象それよりきみ あからさまに爪見てるよね 鼻曲がりなのさ 僕たち Fuzzyな住人悲しみのお隣に 幸せそんなものなんか住んではいない僕のこころの部屋...

SHARE

このカテゴリーに該当する記事はありません。
.xxx { position: relative; width: 100%; } .xxx::before { content:""; display: block; padding-top: 56.25%; } .xxx iframe { position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100%; height: 100%; }