FC2ブログ

歌詞のようなブログ(商標登録第6332108)/夏井くわみ「私的オフィシャル」/ FC2

このブログの全記事は「歌詞のようなブログ」という文字列の著作権を有しています。
MENU

一本の長い髪の毛

0
■一本の長い髪の毛Say Goodbye ささやかな抵抗一本の長い髪の毛彼のベッドにおいて帰る朝の光 バッグ持ち 急ぐのよ一本の長い髪の毛フェアじゃないのは私もねあさってから彼女と暮らす部屋 彼 否定しないのよ いいわ フラレてあげるLove's Gone Bad この髪にすべてを込める私の心理 わからないでSay Goodbye すきとおり巻きつく一本の長い髪の毛私いい人ぶらないわきっとそう 因果はめぐるのね私だって彼を奪った彼女はかわいい...

SHARE

風色(かぜいろ)

0
■風色(かぜいろ)リッドに気をつけてね熱いからときみが買ってきたファストコーヒーそんなこころづかいすら憎たらしくなってつい僕はにがい顔するどっちが車 乗ってくのいずれにせよ ひとり残る朽葉色の駐車場もうなつかしいふたりがここにいる 風色(かぜいろ)さもう愛してないよと言えば言うほどまだ愛している証拠みたいださよならと言えるような浅い仲じゃないし また会おうとわらえもしない同時に失恋 出来たならよかった...

SHARE

粉雪のアリア

0
■粉雪のアリアあなたがいればうれしいはずの雪がつめたくただ降りつづくやくそくの場所によいどれがいてくだを巻く 夜はかなしい 雪がふるただ雪がふる ただ雪がふる都会の雪はじゃまにされるあゝ粉雪のアリア誰かが投げた英字新聞にくるまれた赤い薔薇が死んでく髪の匂いはひんやり風信子(ヒヤシンス)あなたのすべては追憶にまぎれ最終上映 ふたりは見ない名を呼ぶかわりに 雪降るばかりあゝ粉雪のアリア ...

SHARE

切符切り

0
■切符切り今はもう見かけないが切符切り そんな仕事があった改札で客の切符に切符切り ハサミ入れたものさそれはぼくの日常で朝から晩 年がら年中 そうどんなに列が出来たって早ワザで さばくのが特技だった切符を拝見いたします かけこみ乗車はお気をつけ下さいたとえ君に恋していようとも切符切るたび 愛は穴だらけ切符切り 切符切り 穴をあけたらむこうのホームに 君を行かせるのが ぼくの仕事だったからねだれにもほ...

SHARE

みんみん蝉

0
■みんみん蝉 俺の背中でみんみん蝉が鳴きました冬だというのにみんみん蝉が鳴きましたシシーがお出ましになりそうな小汚い便器にしゃがみ込んだこぶし噛みしめてガクガクふるえて嗚咽(おえつ)がもれないようにしたあんちゃん 殺られたのかよ なんの因果か人は生まれ 人は死ぬあいつら汚ねぇ 俺がかたきを取ってやりたいけどうすら寒い風が抜ける まだ俺はクソ餓鬼だ素人彫り師の まっ直な刺青(すみ)が ああ疼きだす 俺の背中...

SHARE

このカテゴリーに該当する記事はありません。
.xxx { position: relative; width: 100%; } .xxx::before { content:""; display: block; padding-top: 56.25%; } .xxx iframe { position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100%; height: 100%; }