FC2ブログ

歌詞のようなブログ/夏井くわみ「私的オフィシャル」/ FC2

MENU

テントウ虫とIndian Summer

0
■テントウ虫とIndian Summerファーゴ 秋風のバスが彼のことをさらっていったの落ち葉のうずが追いかけた朽ちた 木株にすわったらさびしげなバブーシュのつま先自撮りしたらどんな顔してる卒業したらどうするの ふたり   会えなくなる未来をおそれてたIndian Summer 秋枯れの中に美しいコインがいくつもかさなるような陽ざしIndian Summer テントウ虫がふと飛び立つように 彼と さよならと云わないさよならしたくちびる ...

SHARE

ウインナー ・ワルツ

0
■ウインナー ・ワルツ巨大な くらげ雲の下で 僕らはなんどもわかれを惜しんでいたあの時 写メで撮った 一枚はぼくのTシャツにプリントされたもう知ったこっちゃないよねつむじ曲がりはお互いさまそれより目の前の信号をわたらなきゃね弁解なんてしないよ クリップのように僕らの日々を かろうじて留めていたのはさよならでしかなかった遊泳禁止区域まで泳いだよねあれはきらめいたという記憶ちぐはぐな想いが膨らんでくから...

SHARE

レジメンタル・レイン 

0
■レジメンタル・レイン 怒る気にもならないよ 変ったよなきみは別れたいと云ってるみたいゆるめた僕のネクタイ その柄みたい斜めに横切る  レジメンタルの雨だってかなしいじゃないか ふたりこれまで何年つきあってきたんだろうねなにもわかりあえていない そんな気がする きみの言葉が僕をすり抜けてゆくグラスに残るチェリーが泣いてるようレイン レイン 聞かせてよ 雨のことばをレイン レイン 僕たちは どこへ行くの...

SHARE

OOH Baby,It's Me

0
■OOH Baby,It's MeOOH 許せないのあんなフェイクなやつあいつに恋するなんてOOH コインランドリーまわしながら泣くの部屋にいたくなくてわたし寝ぼけまなこのあんぽんたんにんげんでいたくない気分OOH Baby,It's Me ネイル灯してバッチリ メイクして 誰用よ?OOH Baby,It's Me 相手にしないそう吐きすてて わたし相手にしてるじゃないあいつあたまにくる クッションが散らかるOOH 置時計がフロアに置かれたままいつの間...

SHARE

すみれ

0
■すみれたてひざをして ふと見つめているあなたのたばこは からっぽに漂うひたむきすぎて 哀しませたのねあなたの瞳を 見つめればわかるのほかのものにはなれても 愛にはなれないこんなさびしさを知るすみれ すみれ せめてうそとわかるうそをさいごにあなたにつきましょうすみれ すみれ およそ似つかわしくもないこの女ふしだらにつき だからすきだった すみれあなたにきっと 求めていたのはなに不自由のない 生活(...

SHARE

花嫁衣装

0
■花嫁衣裳花々にかざられた揺られる柩だった14で私は死んだ花嫁衣裳を着て顔さえ知らぬひとに嫁いでいく私は宝石 纏(まと)い うつむく死に化粧のようなかおお祝いの祭りが出る 橋の向こうから すべてが影絵になる頃 男が来るそれでもあした朝の鳥が えだで鳴く頃は私も 女になるのでしょうこの土地の風習を躰におぼえさせた家訓を守りぬくよう自分を捨てて生きてた跡継ぎが出来ないと罵られ泣いていたこの家のしきたりに...

SHARE

8月のランタン・ダンス

0
■8月のランタン・ダンス 星たちがランタン下げて ダンスを始める ふたり息ひそめ見ている 夏ごとのParaiso 特等席よ ビールでCheersプルタブの音 響くHappyな色をあつめるふたりだけの今気づいた 斜めからだとあなたもハンサムね  ランタン・ダンス ヒマラヤ杉の向こうには 神々も降りる 輝くものだけが そう 星とはちがうのしあわせの影絵たちこれからもあなたと見る きっときっとよふたりの儀式 またあたらしい結婚式挙げ...

SHARE

I Hate Youも愛の言葉

0
■I Hate You も愛の言葉 憎まれっ子世に憚(はばか)るその言葉を地で行く彼女 曇りひとつない顔で言う  彼女の二言目には「それで?」Hate Storyはいつまで続く憎悪のかたまりで出来てる彼女のどうかしてる部分そこに釣られる なんというM世が世なら 彼女はもしかしたら名君だったかも知れないけたたましい騒音と絶叫あつめて彼女のゆれるイヤリング I Love Youなんてまさか言わないよ I Hate YouI Hate You も愛の言葉 僕...

SHARE

フェード・アウト

0
■フェード・アウトOh Maria 慈悲深い目で見ないで責めてくれたほうが気が楽なのよOh Maria なぜ抱きしめてくれるの優しくされたら余計つらくなるあたしの肩にそっと手を添えて泣きながら 彼女は言う嘆きのJokerは使えない ララバイなんて効き目がないJesusは眠りつづけてる 祈りは自分を囲うだけのもの 探していたのはChurch いっしょに散ろうと死にそびれたあたしを許すもんじゃないわ彼女のあのひとはかえらない Oh Maria ...

SHARE

Sonatine

0
■Sonatine あなたの腕のなかであの娘はまるでゆれるガーベラだった 眩し気にひだまりを見るよに わたしはひとごみをいそいだかなしみの歯車が回り出す わたしの目が暗く煌めくあなたの目に映る花はどれも そう 綺麗だから 移り気になるのも仕方がない花という花をわたしが摘むには十分すぎる理由がある Sonatine さいごに ただひとつかなしく ゆれて 咲いててもあなたはわたしを花だとおもわないわたしを好きだと言ったあの...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。