FC2ブログ

歌詞のようなブログ(商標登録第6332108)/夏井くわみ「私的オフィシャル」/ FC2

MENU

夜の寝覚(よわのねざめ)

0
■夜の寝覚(よわのねざめ)殺意に目覚めることはありませんか失意のどん底で希望をみたように冷蔵庫を細目に開けて残りの赤ワインをラッパ飲みしてるんです私の気持ちがどこにあるのかあなたは知らない愛してる くちびるがぼやけて愛してる 抱きあったそのあと愛してる あなたの死を願う煙草のミントがうすら寒い 夜の寝覚(よわのねざめ)夜咲く花は 朝にしぼむものですため息も 飾りにする私が高笑いするとき不機嫌なんですぜ...

SHARE

Same Time,Same Place

0
■Same Time,Same Place作詞:‎Britney Spears,Annet Artani作曲:Britney Spears,Annet Artani歌:AJ Mitchell(Cover)日本語詞: 夏井くわみDear You もし君が僕を忘れてもいつまでも 僕がおぼえてるSame Time,Same Place ふたりに 願いはなくても願いをかけられた身だSame Time,Same Place 忘れても忘れてもあるのは僕たちのピース・サイン共同戦線を張ろうよ そうだよ僕にはわかる君がわかるふたりの 今を刻みたいSame Time...

SHARE

春まだき

0
■春まだき 男鹿半島 身じろぎもせずにふたりここまで逃げて来たブイがおしえる 風がすごむ海あなたにつかまるしかない私いっそ不幸に溺れてしまいたいふたり不幸とわからなくなるほど こころ頼りに またひとつ越えてゆけばきっといつかは迎えられるああ ふたりは春まだき  あざけるように 行く手阻(はば)まれなおさらふたり離れない男の弱さ 庇(かば)うたびごと女は強くなっていくのです思えるだけでほんとはしあわせと2つか...

SHARE

バタフライ・ナイフ

0
■バタフライ・ナイフあなたの嘘見透かしてる涼しげなバタフライ・ナイフ氷で火傷するような私光るバタフライ・ナイフ問いただしはしないから微笑むのバタフライ・ナイフ夜に浮かぶめまいのように自分を刺すバタフライ・ナイフ見え透いた現実が居直るどうせなら心隠し通して突きつけられた事の顛末ナイフの使い方は女のほうが心得ている話にならないわ耳たぶを滑らせてくささやきはバタフライ・ナイフ14のあのリスカをふと思い出す...

SHARE

Dude

0
■Dude面倒くさがりでマメだったり悪態ついたり人懐っこかったり強がっているけど涙もろいどうにもこうにも手が焼ける奴さお前とはかなり長いけど上手な付き合い方がわからないかわいくないね かわいくない欠点も魅力かい 女の話かと思っているのだろうDude 男の話さ お前よお前 それは俺仲むつまじくしたり喧嘩したり言い草も物腰も本当手に負えない寂しがりでも強情で憎まれ口だけ 叩く無愛想若い頃は 無茶もしたけど今さら飼い慣...

SHARE

ニセモノの数だけ僕は愛する

0
■ニセモノの数だけ僕は愛するコンビニのレジ 捨てられるレシート 僕は自分を捨てて何かを得たか青春は過酷でつらいものさポジションがわからない何してるかも清涼飲料水を飲んでも心はかわく幸せはデリバリーされないこっちから行かなきゃ きみも通り過ぎる男っぽさって弱さなんだ だから偉そうな顔をして威張ってる ニセモノの数だけ 僕は愛する究極な勝率の悪さでもきみに賭けるニセモノの数だけ 僕は夢みる僕はまだコンクリー...

SHARE

さようならはただ萌えいずる青葉

0
■さようならは ただ萌えいずる青葉 作詞Pierpaolo Guerrini , Paolo Luciani 作曲Pierpaolo Guerrini , Paolo Luciani 日本語詞 夏井くわみ 歌 アンドレア・ボチェッリ春にふたり 絶望しているやくそくだけが 果たされても今がもう遅すぎて こころ去るよあとからあとから 光うるさくて痛くて痛くて 芽吹きの音よさようならは ただ萌えいずる青葉邪悪なものよ 春という春花咲くばかり 鳥啼(な)くばかり賑わうばかり 声う...

SHARE

この人生こわれモノにつき

0
■この人生こわれモノにつきくちを聞いてはいけません 嘘ばかり虚飾の服を着ています 正直すぎて 指を指される女です 真相はほんとは何もないんです 難解に見えてあたしが猫だとするでしょう 喉など鳴らさない 冷淡な目配りひとつあなたが知ったと思う順番からすり抜ける 正体はいなくなる言わない 言わない 男がまたひとり猫にでも聞かせる話を 聞きに来る消えた賑わいが明るい この街は沈む心までも明るい どうでも...

SHARE

月下香

0
■月下香あなたのやさしさが重いこの頃温もりがつらいわかってしまったようにだからあえて微笑むんですきっと私罪な女妖しく花が香る時あまく揮発する夜にあなたにささやきたくなる月下香 私を放して月下香 あなたを放す前にそれともあなたは すべてを知ってるの真似でもごっこでもふたりよかった頃が懐かしいいつだって帰って来ると心ってそんなものじゃない約束など忘れました真夜中花がひらく時あまねくまどろみにあなたの耳を...

SHARE

ちぎり絵の町

0
■ちぎり絵の町その時すべて 音もなく消えたにくらしかったの 春のやつ思いがけない あなたの言葉にただ見上げていた 泣きながらあー 話があるって こんな話は騒音で消える 駅のコンコースで 言ってよふたり別れるなんて ちぎり絵の町異動のうわさを 耳にしてたからあなたにこっそり 期待した想像出来ない だからさよならね殺してもあなた あの娘を選ぶあーこの境内(けいだい)は 変わらないけどあなたとあの時 わかれたから...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。