FC2ブログ

歌詞のようなブログ(商標登録第6332108)/夏井くわみ「私的オフィシャル」/ FC2

このブログの全記事は「歌詞のようなブログ」という文字列の著作権を有しています。
MENU

熱気球レディ

0
■熱気球レディ葉巻の巻き方を覚えて紳士になるわざと粗野に振る舞うのも悪くはないフィッツジェラルドとゼルダいやきみと僕なりの、どれだけわたしを好きにさせてくれるかおてなみ拝見と わらうパッと きみの歯がこぼれてパッと ルージュにまきこまれ熱気球レディ 長い髪をなびかせ僕の心を Flying High獲物にすぐは手を出さないそれがおきて他の男もきみを狙うガラディナーで部屋に満ちてくる音楽波紋が光を描く生々流転を地でい...

SHARE

パスワード

0
■パスワード排気音ながれて スピードをこえたあの日の走り ベイエリア零時あなたと私が ただの他人にもどったあの日 風が肩抜けたバイク停め メット返した時にきつく抱きしめてくれたねずっと好きでいるわと 見栄切ったけどあなたは二度と会えない場所へパスワードの中に 刻まれて今もあなたはずっと生きつづけているあなたの誕生日 更新されてくただの数字の 組み合わせなのにダメになった USBメモリー あなたをとどめ捨...

SHARE

砂の男

0
■砂の男純情な毒がまかり通る夏は一瞬潜った憂うつ白タキシードに ほどくボウタイ僕のエナメル靴がめりこむタージ・マハル 眩暈の記憶笑うお前の肌 乱反射して 何も見えない そこから砂漠We Have No Sense To Say Good-Bye手のひらお前の髪 さらさら逃げる まぶしすぎる世界で悲しみはうまく噛みきれないまま滴るチャ・チャ・チャお前のその靴とならんで額縁に男の黒い靴肩をすくめて お前は主張(い)うよあなたより彼が好き...

SHARE

白昼の花火

0
■白昼の花火 きみが綺麗だから破壊して見たかったこの両手は抱きしめることを忘れた 舌なめずりをして究極的なものから安易な思想だけを選び身を染めてった△導火線の匂いがしたすべてにおいて挙動不審な僕白昼の花火 胸に幾つも上がる 幸せは存在しないのさ 存在するのは思い込みの軌跡きみよこの悲しみは僕だけのもの宇宙にめがけ 僕は叫んでゆく △ 予感や気配だけで愛したつもりでいるそんなご都合主義を心底憎むよ自惚れ...

SHARE

雪はアスピリン錠よりも白いララバイ

0
■雪はアスピリン錠よりも白いララバイ眠らなくていい からっぽなしあわせに眠らなくていい 誰もが眠れない目覚めてけばいい あたらしい朝までどうか眠るなと こころを呼びながらあなたの苦しみには 希望がある越えてゆけ 越えてゆけ 何も持たない自由へ越えてゆけ 越えてゆけ 想いに限界はない逆風荒(すさ)ぶ中 胸の 寝た子を起こせHush-a-Bye 眠れ眠れ かじかむ出来事 眠らせて降る雪はアスピリン錠よりも白いララバ...

SHARE

女になるなよ

0
■女になるなよ似合わぬルージュで 女になるなよ吸えないタバコも さまにはならないこどものくせして 女になるなよ男はいらない ふざけた台詞さ美しいだけの 女になるなよ男に抱かれて さびしい目をしたもの欲しそうな 女になるなよひどい化粧だな 泣いてるみたいだ淡い口紅が似合うのもあと少し冷たくていい 光があるうちは女になるなよ 女になるなよ女になるなよ きみは素のほうがいい背伸びもいいけど 女になるなよ女の世...

SHARE

情熱トロフィー

0
■情熱トロフィーきみに何を告げようと心は夏に膿(う)んでゆく隠しとおせない何かが透きとおったまま凍った病んだゆびさきが触れて狂気に共鳴したってイメージを脱ぎ落せないぼくらは滅びの暗示さないがしろにしたものを愛と補足しなければならなくなった勝たなくていい でも負けるなそんな生ぬるいこと誰が情熱トロフィー  誰でもいい誰かになってゆく盛夏を美しいなどと誰が思うだろう生きることの半分でぼくらは死へと向かって...

SHARE

あの日にレイアップ・シュート

0
■あの日にレイアップ・シュート僕のシュートはあと少しのところでリングに嫌われたあのゴールネット今でも僕の胸でゆれつづけている君はフィッシュ・ボーンに髪を編んで僕らを応援してくれたねあの悔しさが あの屈辱が僕をなお導いてくれる僕らのチーム結構鳴らしてて独自のスタイル定年来ても働く人のよう金だけじゃない君も僕も歯の矯正しててキスしたらグリルのように鳴ったまだ届かない レイアップ・シュートいつかあの日に決...

SHARE

花は流れた

0
■花は流れたふたりのかなしみはとても軽い 心なんて今さらどうしようもない僕たちに行き交ってたのは何言わないことも気持ちなのでしょうか指さきから 眼差しからこぼれる ぎこちなく会釈して最後のそのひとことを言いかけた時に ふたりに花は流れた 花は 花は流れた一番最後に笑った時をあなたがもし忘れていたのならせめてもし出来るなら一番最初に僕と笑って欲しかったんです奪えたなら 終わっていたあなたとだから今日まで...

SHARE

羊と4人の男

0
■羊と4人の男相手が男なら殺してやろう相手が女なら口説いてやろう怒鳴るあなたはかわいそう私を睨んでしきりに脅かすねぇあなたも 読んだら ダーム・ギャラント浮いた話のひとつ 事欠かないのが シャレTobaccoの匂いのする 香水つけて帰って来ただけ貴賓室での お戯れ そうね男の表情は少なくとも4人私の羊と取り換えましょうか火あそびもそのうちに火傷をするスリルも過ぎれば怪我するとあなた私をわすれる自由をあげる思い出の...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。