FC2ブログ

歌詞のようなブログ(商標登録第6332108)/夏井くわみ

このブログの全記事は「歌詞のようなブログ」という文字列の著作権を有しています。
MENU

僕は心臓

0
■僕は心臓 僕は心臓 Bang Bang Beat For You理科室の人体模型の心臓夜中になると Ding Ding Heat For You僕の手の定位置は下の心臓何せ君はくせもの ダース・ベーダーの中のひとチーズよりニシンの缶詰よりくさくて痛くてたまんない あとを引く僕の臓器を君は食べてゆく何たる感動 さらなる混同僕は心臓 ただ君に反応 Bang Bang Beat For You何100通りも愛し方あるのに たった1つ 君の愛し方 僕は模索中 僕は心臓 Bing Bing Blo...

SHARE

ジェントルマンよりただの男

0
■ジェントルマンよりただの男女から口説きたくなるほど男は美しくあらねばならない今夜の主役はあなただから僕はただの端役に徹したいグラスのお酒より心酔わせるしたたるネイルがほほをすべってくため息はすべてを言いつくす 白紙の答案 Ah純粋は道化でもある 嘆きは歓びにもなる ジェントルマンよりただの男になる 僕は AhAh服着ていても 抱擁できる女に抱かれ男はおとこになるいかがわしさも あっていいのさ水のドレスを ...

SHARE

熾火(おきび)

0
■燠火(おきび)かなしみはとても燃えやすいからわたしはそれを暖炉に投げ入れるはやく灰になることを願って思い出という薪(まき)をそっとくべる美しさは苦悩と共にあるやさしさのそばには傷もあるきみよ うだるほど 燃える火がおおきくてもせめて誰かをあたためる燠火(おきび)となれかなしみの手紙はとても長いわたしは読んでひとおもいに捨てるはずみで生まれ はずみで死んでく言葉の重さと命の軽さよ他愛なく生きていけたらい...

SHARE

バジリコソース

0
■バジリコソース悲しいときはクスンと笑うんですショゲちゃうのもくやしいからしょうがないなぁふたりはダメなとこも よく似てるねカワイクナイ恨みつらみは体に毒よちびりちびりとクランベリー酒をやっている糸の網目を見るような毎日それでもね ちょっとね こんなのナイね編んでも編んでも 編み終わらない何を編むでも 誰のためでもなく もうあなたをあの娘にあげた物事なんて解釈しだいなんですいいほうをえらべばいいの高望み...

SHARE

武器をとれ

0
■武器をとれ僕だけはきみと話す誰一人としてきみに口をきいてくれなくても教室だけが世界じゃない弱さは強さでもある信じつづける力を何度ふり払われても 僕はここにいる日々が泡になろうとも僕はきみに神を見る武器をとれ 共に進もう 微笑みこそが最大の武器だ自分を越えてゆく人は歩みを止めはしない怒りさえ打ち砕く奈落の天国にきっと僕らの戦場はあるのささあ急げ 誇りをかざせ 傷つくこと怖れない きっと僕ら会おう誰も知...

SHARE

唾液のブローチ

0
■唾液のブローチそのくちびるにルージュなどいらない僕の唾液のブローチそれだけがあればいい 僕のしるしにきみに捧げるものはこんな唾液のブローチ濡れながら光らせるブサイクな真似などよせよ口に出来るほど 愛は容易くはないもう飾りなど捨ててしまうよ僕にもくれよ きみの唾液のブローチを微笑み忘れてすこし憂うといい僕の唾液のブローチきみの素肌につけようもっと卑わいになりたいね猥雑な街よりとても素敵な夜へ流れてあ...

SHARE

女になるなよ

0
■女になるなよ似合わぬルージュで 女になるなよ吸えないタバコも さまにはならないこどものくせして 女になるなよ男はいらない ふざけた台詞さ美しいだけの 女になるなよ男に抱かれて さびしい目をしたもの欲しそうな 女になるなよひどい化粧だな 泣いてるみたいだ光があるうちは 影などまとうな女になるなよ 女になるなよ女になるなよ きみは素顔のほうがいい背伸びもいいけど 女になるなよ女の世界も 甘くはないだろかま...

SHARE

サマー・アンサンブル

0
■ひと夏の恋いくつまで風が誘いかける ロッキービーチ 海がブルー・アシードに 胸まで染めてゆく サングラスをかけて 照れかくししても きみを前にすれば そう 僕は手持ち無沙汰さ長いきみの黒髪が 波にひろがって 綺麗だ 僕はまたきみという 海に抱かれにきたと言おう 何人かの女にあれから会ってたのにきみひとりの笑顔しか見えない こんなサマー・アンサンブルインスタグラムをみせて 去年の画像 きみに見せたらそう 微笑んで...

SHARE

デッド・ エンド

0
■デッド・ エンド中の下レベルの女に 計画通りフラれた 巨体化したカナブンが あの女には棲んでた僕のうらがおが舌を出すほんとは人間嫌い言えるわけない立場がつめたさの親分になる人間大縄跳びのなか おいでおいで 受難の日々を楽しむか 愛欲の日々におぼれるか デッド・エンド誰にでもなつくように 笑顔を振りまくけれど 本当は僕は自分さえどこかで見下している 尻尾なんか振らないぜキライな奴はキライさねじれたたましい...

SHARE

Violinist

0
■Violinistウラジオストクが暮れなずむ頃小さなホールはさながらカーネギー・ホール解放弦の音戦火をのがれて人々はつかの間音楽に憩う 夢ごこち喝采の渦が押し寄せて 高く高くヴァイオリンの弓で 軽く 軽くフィナーレまで 強く 強く生きていさえすれば夢見れるどんなに祖国を追われても武器を楽器に代えて わたしは戦うViolinistたれ込めた冬の空暗がりに寄り添う人びとは微笑みスープで体あたためる非力でも届けさせて 高く高く...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。
.xxx { position: relative; width: 100%; } .xxx::before { content:""; display: block; padding-top: 56.25%; } .xxx iframe { position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100%; height: 100%; }