歌詞のようなブログ(商標登録第6332108)/夏井くわみ
FC2ブログ

歌詞のようなブログ(商標登録第6332108)/夏井くわみ

最近はXのアカウントで更新しています。暁(AKATUKI)Japan https://twitter.com/seven_sea_ships/
MENU

Sweet Balloon

0
■Sweet Balloonカラフルに色を失くしてた ずっとこの僕は感じることをこれまでおそれていたんだよ想いは幾つもあなたへと浮かんで僕を連れてくる で、もって空がはじまるBalloon Sweet Balloon Balloon Sweet Balloon High High いつもの風景が 息をしてるよごれてる街が すごく 僕に微笑んでくれているんだ靴音だって ため息ほどかがやく Balloon Sweet Balloon ぐんとひろがる恋する木偶(でく)の坊(ぼう)ってやつかな...

SHARE

涙よ泣くな

0
■涙よ泣くなつむじ曲がりの夜は重い男は軽い ためいきは長いどこまでひとりになればいいおつぎ下さい おひとり分お客様 水割りをどうぞひとり芝居です サマセット・モーム読むには うわすべりな気持ちメイク落とせば ひとつずつ 鏡の女がまた泣きべそをかく涙よ泣くな 涙よ泣くなあつらえたほほえみをはおって言葉にすれば 嘘になってゆくわたしが嫌いよ あなたなどまだ愛してる 懲りたでしょうお客様 お店を閉めます...

SHARE

I Touch My Own

0
■I Touch My OwnI Touch My Own Own あなたに この指は動くYou Touch Your Own Own イヤリングゆれることするのボリュームをあげてわたしの喉もとに光を連れてきてそそのかしてみて Ah Ah Ah Ah わたしたちは まだそう怪しくてもいいただの男と女じゃきっとくさってしまうわI Touch My Own Own この夜がどこに行くのかYou Touch Your Own Own あなたには決して教えない二人はまだ会ってないもっと出会うために二人は話してはいけ...

SHARE

ダース・ベーダ―の中のひとになる、ROCK

0
■ダース・ベーダ―の中のひとになる、ROCK雨でも降らないかと思う雨が降ればいやなことも流れてきれいになりそうで冷蔵庫のとびらがいつの間に半開きになるように僕らはすこしぬるくなるきみは12時からのシンデレラ遊びたい盛り いつものように口喧嘩からっぽな部屋に 音楽が流れてく 正論なんて意味ないぜ アンチテーゼも大切さ世で善とされてることは 悪かも知れないぜもしもきみがヒロインなら僕はダース・ベーダ―の中のひ...

SHARE

すべては過ぎ去りし冬の庭

0
■すべては過ぎ去りし冬の庭作詞Keren Ann, Benjamin Biolay 作曲Keren Ann, Benjamin Biolay 歌:Stacey Kent日本語詞 夏井くわみひとをおもえる ことは素敵よましてや二度と会えぬひとならつめを休める スチームの音孤独じたいは きれいな色なのよあの光のうずに 頬うずめ 踊ったふたり冬にいる このこころにざわめきが舞うわいい習慣が ひとを作るとあなたにそうね 教わったのよ自分と向き合い だれかを愛せるわたしの...

SHARE

バラの影

0
■バラの影きっとまわりのひとは知っていたふたりは終わったと なんとなく当事者だけが知らずにあの時バラの影がむねにひろがっていった浮き足だっていたねはしゃいでた笑顔たちも人ごみに消えて心なんかも 引っ越しして犬だって いいのに なぜひとなんか愛するのかな音楽も聞かなくなって久しいよきみと行ったコンサートのグッズどこかにしまいすぎててふいに出てきた スノードームさかさまにすると 80‘s風邪ならなぜ治らな...

SHARE

シングル・ファーザー

0
おい 子供よ 幸せは幸せになるまでのあいださシングル こぶつきのシングル ふだつきの父親でいいじゃないか ああ おれはシングル・ファーザーシングル こぶつきのシングル ふだつきの父親でいいじゃないか ああ おれはシングル・ファーザー気にしない くらべない暇なく働きゃ 悲しむ余裕なんぞはどこにもありゃしない おい 子供よ いい子やいいひとになるなシングル わけありのシングル バツありの男でもはだかのこ...

SHARE

正直者

0
■水彩画わたしの眠り顔に置かれた水蜜桃いくつも香るあなたが描く水彩画のなかでふたりは暮らしていたのね手と手が今ほどかれる 朝日のなかああなんて愚かな正直者 わたしたち 嘘をつけないなんてかなしい正直者 わたしたち別れるのに 愛してるとしか 言えない無口なあなたがある日からおしゃべりになっていたその手をください あなたをおもうさびしさまで愛したいから他人行儀に 何度もおじぎする ああなんて愚かな正直...

SHARE

何番目かの夜のなかで

0
■何番目かの夜のなかでかざられた ショウケース 夜のなか消えちまう お互いの うでのなか きれいなだけ 取り交わす 目配せも 明かりも 行き交う 人ごみも 恋して怪我(けが)をして 長引くのは男のほうだよ  女はあっさりと切り捨てて 怪我ごと 捨ててゆく 何番目かの夜のなかで出会ってもすれ違うなら すげなく 他人のままでほほえみが こわれたら 告げようかささやかな 抵抗も 無防備で溺れるだけ あまりにも 愛...

SHARE

Mon mec

0
■Mon mec色あせるほど 女は女爪にも表情があるのよ乾いた貝殻の中の嵐にふたりはとざされてゆく永遠なんて欲しくない会える10分があればいいの約束などさせないで 待ったりしたくないこのわたしだけの男(ひと)  Mon mecたとえば季節はひとの心が決めてゆくものだとかあなたはわたしを奪ったひどい人ねからかってあげる淋しい気持ちにまでそっと名前をつけるようにいつの日か失くす代わりに愛する孤独を手に入れるさよならせず...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。
.xxx { position: relative; width: 100%; } .xxx::before { content:""; display: block; padding-top: 56.25%; } .xxx iframe { position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100%; height: 100%; }