歌詞のようなブログ(商標登録第6332108)/夏井くわみ
FC2ブログ

歌詞のようなブログ(商標登録第6332108)/夏井くわみ

最近はXのアカウントで更新しています。暁(AKATUKI)Japan https://twitter.com/seven_sea_ships/
MENU

僕はサッカーを知らない

0
■僕はサッカーを知らない僕はサッカーを知らない僕はアメフトも知らないルールも 強豪チームもスター・プレイヤーも自分のエナジーの残量もちょっとした人生の企(くわだ)てはすごく手が込んでるのパーティー・バッグひとつで彼と消えた そんな君の本心を知らなかった失恋は人生の料理に必要な塩だ きっと匙(さじ)加減 砂糖で味を整える 挫折のあとで病み上がりの頬を切る 風のつめたさもあばれる空の青色も 理にかなったこと...

SHARE

Sleep

0
■Sleep水槽からまた水が漏れてゆく剥き出しのモーターが赤くただれる何が気に入らないのかあなたは聞くけどわたしのよこがおに影だけが泳ぐわたしはベッドで泣いているあわがたちのぼるもがくたび 光る鱗は剥がれるさよならの手のひらを水槽に入れてSleep もう何もかも 過去にしてSleep 眠ってしまいたいの ふたりいても愛がうすれてく抱きあう躯だけが熱くよじれるあなたの不意のキスに塗りかけたネイルポリッシュが滑ってダ...

SHARE

レストラン・シンジケート

0
■レストラン・シンジケートそのためのスーツだし誂(あつら)えたドレスだしきみと一緒に出かけるための食事する時間(とき)用の言葉づかいだったり不意のエスコートだったりふたり目と鼻と舌でどこへでも 出かけゆくDrastic Night消えてなくなるものにすべてを惜しまない誰も知らない路地にひっそりある看板も出てない店 Gloomy Gloomy愛はレストラン・シンジケート行き着くところはきっと立ち飲みワインとありあわせ逢いたい人に...

SHARE

地図から消えたレストラン

0
■地図から消えたレストランその時 世界がとまって見えたそこだけ塗りかえるように違うビルが建ってた地図から消えていたレストラン もうそこにはないレストラン僕には見える それが悲しいささやきよりも低い声でテーブルの下で 手をにぎりあの日2人別れた流れる 月日より早く離れる ふたつの時刻みながら 今も なぜかSame Time,Same Placeその時 世界がとまって見えた点かない火が風に震える煙草を一本吸わせてくれ タウン...

SHARE

ハーフをラッパ飲み

0
■サリンジャーとアップルサイダーコート・ダジュール人けのないシーズン・オフのまち このさびしさがなんとなく気に入ってるくたびれたボタン・ダウンあれから 思わせぶりな男になるぶっきらぼう せめてもの 男のプライド女が聞けば 笑うようなすべてにおいて ノーわかってくれよなんてひと言も言ってないわからないでくれ 君に僕のなにがわかるそうさ フォアグラとトリュフ 君は好きなすべてに通じていたアルジールソーのペ...

SHARE

暗室

0
■暗室 理科室の人体模型の心臓を盗みたいと思った小学生と今もあんまり僕は変わってないよ人生のスッパさ噛みしめいつのまにか迷い込むまた学校の廊下暗室のカーテンに隠れこむ僕はまだ現像されてないフィルムヤバい秘密だらけ排泄するように きみと抱きあった記憶はピンぼけ早口言葉の応酬のあとまるでついでのようにした さよならきみを誉める言葉はないけなす言葉も喉元えぐる想いもどっちも正しくてどっちも悪いひとは自分の...

SHARE

I Hate You も愛の言葉

0
■I Hate Youも愛の言葉エンゼルトランペットの大きな花の下で僕らは顔を背(そむ)け合ってた体育見学組みのソワソワ1人互いを牽制(けんせい)し合っていた誰もむくわれない世界の片すみでイジイジと陸みあう愛しさをこれっぽっちも想像だにせず真昼なのに真っ暗闇に浮かぶ僕ら自身が太陽だから花火さ そうひらめいた一勢にからだじゅうに響きわたる管楽器 そう それだ I Hate You I Hate Youも愛の言葉僕がそう言ったら初めてき...

SHARE

しあわせという名の偽証

0
■しあわせという名の偽証声を落とし そっとあなたに言うわ通り雨で済めばよかったの?私たちこの肩に さり気なくおかれてたあなたの手を私はふりほどく涙がでる いくどとなくひき裂かれてく最後の誓いきりがないほど 信じてもうたがうことに 目覚めるだけ愛がふたりを隔ててゆくしあわせという名の偽証よ稲光りが切り取った影ふたつかなしみの戦慄におびえてたこの部屋で散らばった 使い切ったカードたちわかってくれないあ...

SHARE

オトコだって泣きたくなる

0
■オトコだって泣きたくなる 冷蔵庫のとびらがいつの間にか半開きになるように僕らはまたすこしぬるくなるありきたりにかたちはくずれるきみは0時からのシンデレラあそびに行く 合鍵まわして僕はダース・ベーダ―の中のひとになる どうよそうさ 世で善とされてることは 悪かも知れないぜきみが世の ヒロインならば僕はきみを早く助けなきゃ雨でも 降らないかと思う雨が降ればいやなことも 全部流れてきれいになりそうでああ ...

SHARE

花びんのあと

0
■花びんのあと作詞:Keren Ann & Benjamin Bioley作曲:Keren Ann & Benjamin Bioley 歌:Stacey Kent日本語詞:夏井くわみ日焼けした窓辺においた花びんをふとずらせば 白くそこにのこる そんなグッバイ冗談じゃないわキッチンに籠(こも)るミセスの称号返上したの想いは空を染めてゆくわ今日別れると知ってた髪 知ってた指さき知ってた声食器洗いおえてすこし泣いた胸がめくれて雲の船がいくふたりえらんだカトラリー よそよ...

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。
.xxx { position: relative; width: 100%; } .xxx::before { content:""; display: block; padding-top: 56.25%; } .xxx iframe { position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100%; height: 100%; }