FC2ブログ

歌詞のようなブログ/夏井くわみ「私的オフィシャル」/ FC2

MENU

立礼席

0

■立礼席

風に吹かれ枝垂(しなだ)れている
その固い蕾が咲くころは
私はもういないだろう
やわらかな風に姿をかえて
またふくらむ 希望のように
春は息づき 両手を伸ばす樹に
光は溶け 日は満ちて
心だけをきみに置いて
少しずつまた私から遠くなるものがある

凍る並木は 芽吹きいろに
やがて誇らしげに ひるがえる
そこらじゅうに花びらをかざしながら
人々の笑顔が咲き揃う

愛はきっと 長い手紙
文字はないけどこころに届く
いのちを次に継ぎながら
歴史もつづくよ 日溜まりの中
花は語り 花はわらい
やがていかなる時間も散るように
死にゆく者 生まれる者
それも日常の出来事
哀しみもまた喜びも留まりはしない

毎年ここから見ている
桜たちのさやめく谷間を
春のたびに恋をしてる
過ぎゆくものみないとしむように

ひとは何のために生まれ
何を手にして どこに還(かえ)るの
季節をまた 見送るたび
この立礼席から礼をする

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。