FC2ブログ

歌詞のようなブログ/夏井くわみ「私的オフィシャル」/ FC2

MENU

とおせんぼ

0

■とおせんぼ

せめて読んで欲しかった 風に書いた手紙
せめて抱いてほしかった 雪で出来たうさぎ
あなたは何も知るはずもなく
ふたりを裏づけるものは何もなく

月日ばかりが過ぎてゆく
淋しいきもちを こよりのようにして
少しずつ死んでゆくよう

出逢ったことが間違いであれば
別れることが正解になる
とうせんぼ 私が行くのを 誰かがいじわるする 
おろおろ立ちすくんでいるわたしを見つめ あなたが 
とうせんぼ とうせんぼ

なかったことにしましょう あれは気の迷いね 
忘れたことにしましょ 雪灯篭の灯り
誰かに聞かれてすげなく言う
何も知りません ただの他人ですと

風がこの胸ゆさぶれど
なさけないだけよ 涙を絞るより
袖だけがまた重くなる

せめて傘の柄に手を添えながら
その背中見送ればよかった
とうせんぼ 私が行くのを 誰かじゃまをしかける
行く道ふさいでいたのは 誰あろう この 未練が
とうせんぼ とうせんぼ

月日ばかりが過ぎてゆく
淋しいきもちを こよりのようにして
少しずつ死んでゆくよう

出逢ったことが間違いであれば
別れることが正解になる
とうせんぼ 私が行くのを 誰かがいじわるする 
おろおろ立ちすくんでいたわたしを見つめ あなたが 
とうせんぼ とうせんぼ

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。