FC2ブログ

歌詞のようなブログ/夏井くわみ「私的オフィシャル」/ FC2

MENU

ぼく以上だれも知らないこと

0

■ぼく以上だれも知らないこと

きみを騙すつもりだったら 
ぼくは自分を騙して 最後まできみに
うそをつき通しただろうよ

さびしさの分量だけ そう
しあわせでもあったんだ ぼくたち2人は
憎しみの分も愛してた

あのひととはもう終わってた
だからきみに声をかけた
だけど結局きみを泣かせることになったね

夕暮れの雲がさよならにほどけてゆく
なんだかなさけない気分になっちゃうな
意図している方向と まるで真逆に
事態がうごいたよ でも愛してる どんなに終わっていても

地球は丸いのにあれから 
きみの姿はなかった 歩き疲れぼくは
こころの隅で 泣いていたよ

つらいときに どこに逃げても
現実のど真ん中に いつでも引きずり
戻されにがさを味わった

きみがいつも本気で泣くから
ついまじまじと見ていたら
きみが笑いはじめるから ぼくも笑う 笑った

すべてのはじまりが終わりのあとにあるなら
はじまってゆく何かをぼくはつらぬくよ
ぼく以上だれも知らないこと そうだよ
さよなら以外全部きみが好き その一途さで生きる ララララ

ジャガード織りのバスタオル ふたりでわけあって
まわりじゅう敵だらけだけど 
きみだけが味方でいてくれた 濡れたさくらんぼのように

あのひととはもう終わってた
だからきみに声をかけた
だけど結局きみを泣かせることになったね

夕暮れの雲がさよならにほどけてゆく
なんだかなさけない気分になっちゃうな
意図している方向と まるで真逆に
事態がうごいたよ でも愛してる どんなに終わっていても


28th-edition-of-the-Hyeres-International-Festival-of-Fashion-and-Photography-yatzer-35 いい でんね

28th-edition-of-the-Hyeres-International-Festival-of-Fashion-and-Photography-yatzer-35 いい

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。