FC2ブログ

歌詞のようなブログ(商標登録第6332108)/夏井くわみ「私的オフィシャル」/ FC2

このブログの全記事は「歌詞のようなブログ」という文字列の著作権を有しています。
MENU

テントウ虫とIndian Summer

0

■テントウ虫とIndian Summmer

Far away 秋風のバスが
彼のことをさらっていったの
言えなかった言葉のように
落ち葉のうずが追いかけた

彼の時計の針と
私の時計の針が指す
時間がすれ違った

Indian Summer もうあなたは
私しか愛せなくなるボタンを押した
Indian Summer そう言ったの
そんなことさえ昔だと秋枯れが風にふるえる

かなしすぎて 何だかのんきよ
こんな私を愛してくれたひと
カレイドスコープの光の
輪にスカートひろげ座る

彼の大きな靴を
履いては無邪気にふざけてた
霧のように消えた時

Indian Summer テントウムシ
どこからか飛んで来て私に止まっているわ
Indian Summer 幸せの
しるしだと言われるけど 彼に愛されたことは
過去でも幸せね


※タップして下さい。


20210303000311d70.gif

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。