FC2ブログ

歌詞のようなブログ/夏井くわみ「私的オフィシャル」/ FC2

MENU

流しびな

0

■流しびな


きみと手をとり 川辺まで
まだ冷たい色 映してる
さらさらゆくよ 流しびな
祈りを知らず 遠くなる

羽衣舞いて 瑞祥(ずいしよう)を
授かりしものの 消えた日の
あまりの想い 時をこえ
あわしまさんに 唱えるよ

生きてりゃあのこも二十歳だと
耳を澄ましたけど 風の返事ばかり

青い水辺を見つめては なごやかに
きみ云う あのこをなきものとすれば
我らは土で出来ていると同じと

きみと通いし この川で
日暮れになるまで そこにいる
恋をしている 今もまだ
きみが泣けば ぼくも泣ける

きれいな石を 指さして
せめて笑おうよ あのこのためにも

青い水辺は冷たいと なんとなく
きみ云う 想いはすべてに在るから
我らは ひとでいられると眉を下げる

文字なき文は 空からもくる
折りかさなってただ 雲に流すばかり

青い水辺を見つめて しんみりと
きみ云う 私たちが生きていれば
あのこはきっと共に生きているよと

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。