FC2ブログ

歌詞のようなブログ(商標登録第6332108)/夏井くわみ「私的オフィシャル」/ FC2

このブログの全記事は「歌詞のようなブログ」という文字列の著作権を有しています。
MENU

嗚(ああ)

0

■嗚(ああ)

古き城あとにひとり立てば
遠きいくさの音が聞える
いつだってそうだった
繰り返しそうだった

握りし かわいた土が
こぼれおちるを 我はひとと云うてゐる

積み崩した瓦礫の時と
こころに流れる怒涛の日々が
重なりて きみ映す 人の業(ごう)
あたりにただ銀の草ゆれる 嗚(ああ)

古き人々も恋に泣いて
胸を打ち震わせたのだろう
いつだって暗やみで
寄り添うしかなかった

ああ無常 星も月も
変わらないが 人は変わり続けてる

長い文を読んでるあいだ
土に打ち伏しているなり
きみには何もまだ告げぬけれど
一面ただ静寂が満ちる 嗚(ああ)

本当と嘘は 見まごうばかり
ひとの数だけ 彷徨うばかり
探すそのたび はぐるるばかり
生まれたこと ただ問うばかり




「歌詞のようなブログ」



sand-through-fingers.png

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。