FC2ブログ

歌詞のようなブログ(商標登録第6332108)/夏井くわみ

このブログの全記事は「歌詞のようなブログ」という文字列の著作権を有しています。
MENU

御荷鉾の三束雨 (みかぼのさんぞくあめ)

0

■御荷鉾の三束雨 (みかぼのさんぞくあめ)

きっと純粋な嘘で 人間(ひと)になった
本当は猫かも知れないのに
尻尾踏む私たち 猫にはどう見える

獣には違いないくせに みんな
いつまで人間でいるつもりなの
あなたもただの男 哀しい生業(なりわい)

着物被(かぶ)せて かくれんぼ
いっそ朝まで かくれんぼ
そぼろ濡れて 雨足はやく
鬼のいぬ間に かくれんぼ

あなたが入れば かくれんぼ
あたしが出てく かくれんぼ
つめたい絹 うごめきゆれる
どちらが鬼か かくれんぼ

檀(まゆみ)の木の下で 灯りともし
そちらの女(かた)もおんなじ夜露に
こんな夜半あなたを 想っておいででしょう

たとえその女(ひと)殺しても私は選ばれぬ
赤に同じにゆれる花なのに
あなたと私二人 この世にのこされても

野良猫(のら)は餌も寝る場所も知ってる
 「さよならを言う価値もない」と言う
あなたを見る 花の香りだけがしみる


「歌詞のようなブログ」




音楽ランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 自作歌詞へ
にほんブログ村




※タップして下さい。
 
ShadowyTintedClingfish-size_restricted.gif
                                                         

4bjw6g (1)

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
.xxx { position: relative; width: 100%; } .xxx::before { content:""; display: block; padding-top: 56.25%; } .xxx iframe { position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100%; height: 100%; }