彼が泣いた - 歌詞のようなブログ(商標登録第6332108)/夏井くわみ
FC2ブログ

歌詞のようなブログ(商標登録第6332108)/夏井くわみ

このブログがいろんな方にいいインスピレーションを与え、いいパワーがみなさんをよりHAPPYにしてくれることを望みます。
MENU

彼が泣いた

0




■彼が泣いた

それは私なりの想いだった
呆れさせた 彼を怒らせもした
愛を黙らせるゆえのことだった
狼狽えていた 彼は苛立ってさえいた

私は知っていた
このままではふたりダメになると

そして告げた 彼は泣いた 
どれだけ 愛していても 
あなたに嫌われたかった
ねらいどおりに
彼は泣いた 彼は泣いた

蚊帳の中には何があるのか
その蚊帳の暗がり誰かいるのか
手招いて煙草の火点けたなら
蛍のようだとむつみ合おうか

なにやら秘密の匂いして
かくれて月の文読むようで

互いを盗み合った者だけが
捨て去る心を知るのよ

ふたりには何もない
そいう云うとすぐに
彼が泣いた 
そう手がつけられない
こどものように
こぶしをくちに入れて
彼が泣いた 彼が泣いた

うそをつき通しても
本当にはならないわ
彼が泣いた 彼が泣いた
終わったのよ
私だって同じだけ
泣いてる こんなに 泣いてる 

私は知っていた
このままではふたりダメになると

そして告げた 彼が泣いた 
愛あればこそ 非情にもなれるのよ 
そこをどいてよ
それが別れよ
彼が泣いた 彼が泣いた






「歌詞のようなブログ」











シャンソンランキング                                                 


※タップして下さい。

ezgif-3-24c31205f9.gif




SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
.xxx { position: relative; width: 100%; } .xxx::before { content:""; display: block; padding-top: 56.25%; } .xxx iframe { position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100%; height: 100%; }