御荷鉾の三束雨 (みかぼのさんぞくあめ) - 歌詞のようなブログ(商標登録第6332108)/夏井くわみ
FC2ブログ

歌詞のようなブログ(商標登録第6332108)/夏井くわみ

最近はXのアカウントで更新しています。暁(AKATUKI)Japan https://twitter.com/seven_sea_ships/
MENU

御荷鉾の三束雨 (みかぼのさんぞくあめ)

0

■御荷鉾の三束雨 (みかぼのさんぞくあめ)

餌の在処も 罠も知っていて
忍びやかに真夜中をすり抜ける
野良猫だって都会で生きるすべ
知ってるのに私、今自分を迷う

黄色い規制テープのあちらとこちら
どちらにしても 罪人しかいない こんな恋

着物被(かぶ)せて かくれんぼ
いっそ朝まで かくれんぼ
そぼろ濡れて 雨足はやく
鬼のいぬ間に かくれんぼ

想いかくせず かくれんぼ
夜にまぎれて かくれんぼ
哀し雨音 頬ぬらし
誰が神で 誰が鬼か みんな かくれんぼ

愛人願望 毒婦の役回り
違う男を部屋に連れ込んでいる
衣ひとつ脱ぐたびに 私は
一夜に咲く花になる 雨を呼ぶ

檀(まゆみ)の木の下 あちらの女(かた)も
気障な御仁(かた)ゆえに
おなじ夜露に想っておいででしょう

ねえ この首にまわした
あなたの手で殺されたなら
本望よ 私 

本当は猫なのよ
自分の尻尾踏む私たち 

「愛してる」って言葉 あなたには一瞬
わたしには一生だった

黄色い規制テープのあちらとこちら
どちらにしても 罪人しかいない こんな恋

着物被(かぶ)せて かくれんぼ
いっそ朝まで かくれんぼ
そぼろ濡れて 雨足はやく
鬼のいぬ間に かくれんぼ

想いかくせず かくれんぼ
夜にまぎれて かくれんぼ
哀し雨音 頬ぬらし
誰が神で 誰が鬼か みんな かくれんぼ





「歌詞のようなブログ」









シャンソンランキング

kio.png

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
.xxx { position: relative; width: 100%; } .xxx::before { content:""; display: block; padding-top: 56.25%; } .xxx iframe { position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100%; height: 100%; }