公衆電話のさよならは銅貨一枚だった - 歌詞のようなブログ(商標登録第6332108)/夏井くわみ
FC2ブログ

歌詞のようなブログ(商標登録第6332108)/夏井くわみ

最近はXのアカウントで更新しています。暁(AKATUKI)Japan https://twitter.com/seven_sea_ships/
MENU

公衆電話のさよならは銅貨一枚だった

0

■レジにレシートおくように

そして十年 あなたとくらした三年を
ささいなことでふとまた思い出す
忘れるために ついやした僕の十年は
またもや帳消しにされ振り出しさ

あなたになぜか すべてわかられて
それがなんだか 僕はとてもつらかったよ

コインがおちる あの日の公衆電話も
さよならはコイン一枚おちる速ささ
コインランドリーがまわる どこかで昔の音がする
山ほど僕の洗濯はまだ終わらない 

ふて寝していた 若き日の間取りさえ
まだ鮮明におぼえているんだよ
すりガラス越しに 消えた影ひとつ
まだあなたはぼくのなかで揺れつづけてる

そばにいても会えなくなるような 想いが本当なら
今の僕のしあわせなど きっと幻想だ

コインがおちる 洗濯ものをたたむように
思い出もきれいになれば忘れるのに
コンビニでコーヒー淹れる どこかで昔の音がする
レジにレシートおくように僕ら終われなかった

似ている夜を まわりながら
あなたとは他人でいるのに 言葉より確かなものを
こころは知っている 

あなたになぜか すべてわかられて
それがなんだか 僕はとてもつらかったよ

コインがおちる あの日の公衆電話も
さよならはコイン一枚おちる速ささ
コインランドリーがまわる どこかで昔の音がする
山ほど僕の洗濯はまだ終わらない





「歌詞のようなブログ」










シャンソンランキング

※タップして下さい。

ezgif-4-e3db6a093e.gif

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
.xxx { position: relative; width: 100%; } .xxx::before { content:""; display: block; padding-top: 56.25%; } .xxx iframe { position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100%; height: 100%; }