FC2ブログ

歌詞のようなブログ/夏井くわみ「私的オフィシャル」/ FC2

MENU

ルーム

0

■ルーム

ルーペに顕微鏡に かすかな機材の音
そこは研究室とは呼ばれてはいなかった
わたしたちはそこに毎日通いつめたが
科学の話は決してしてはいけなかった

美しい文章を読むような 分析に
あたらしい発想をかさねるような 実験
わたしたちがそこでしていたことといえば
それらは人間を読み解くようなものだった

あごで指を組む教授は
時おり抜き打ちで質問をした

今なにを勉強してますか あなた
それをやっていて何に気づきましたか あなた
教授は笑った

アーク窓から漏れる 光は美術館で
見出した結果は過程の一部とされていた
しあわせは生きてるみんなが享受(きょうじゅ)すべきで
研究者とはただの駒にすぎないのだと

めずしい編みものでも見るような 発見
夢みる革命を喜べるような 着眼
わたしたちは完全に私欲を放棄した
同時にそこはしのぎを削る場でもあったよ

フロアに白色灯はにじん で
時おりかすかな会話がかわされた

今なにを知っていますか あなた
知ってるのはごく一部と知りなさい あなた
教授の佇(ただず)まいが今でも 思い出されます

常に未来はひらかれている 教授の声がまだするようです 
一生 みんな学びの途中だと


研究室best-of-milan-design-week-2013-by-yellowtrace-and-yatzer-39

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。